ノート機能の使い方

今回は、WPSプレゼンソフトのノート機能を紹介します。

ノート機能は、パワーポイントで作成したスライドを使って、プレゼンテーションを行う時に台本として使う事が出来る便利な機能です。

動画で確認する

「ノートペイン」と「ノート表示」

  1. ノートを入力する方法には「ノートペイン」と「ノート表示」の2種類があります。
  2. 「ノートペイン」は、スライドを作りながら思いついた事をメモするのに便利です。
  3. 「ノート表示」は、スライドの作成後に、体裁を整えながらメモをするような使い方です 。

ノートペインの使い方

  1. 「表示」タブの「ノート」ボタンをクリックするか、最下部のステータスバーにある「ノート」ボタンをクリックすると、表示と非表示を切り替えられます。
  2. ノートペインを表示させると、「ノートを入力」と書かれた部分が出てきます。
  3. スライドが表示されている「スライドペイン」と 「ノートペイン」の境界線上にカーソルを合わせると、カーソルが上下の矢印に変わります。
  4. その状態でクリックして、ドラッグをすると、ノートペインの大きさを変える事が出来ます。
  5. ノートペイン内をクリックすると、文字カーソルが表示され、文字の入力が出来るようになります。
  6. ノートペインで変更した文字の体裁は、一部しか反映されません。

ノート表示の使い方

  1. 「ノート」表示ボタンをクリックします。
  2. 上にスライド、下にノートが表示されるノート表示に切り替わります。
  3. 前後のスライドを確認したい時は、スクロールバーにある「前のスライド」・「次のスライド」をクリックをするか、マウスのスクロールボタンを使います。
  4. ノート表示では、スライドと同じようにノート内に画像なども挿入出来ます。
  5. スライドの編集に戻るには「表示」タブの「標準」ボタンをクリックします。

ノート表示の注意点

  1. 作成したノート内容は、スライドショーの「発表者ツール」で表示出来ます。
  2. しかし、ノート表示で設定したフォント・色、挿入した画像などはここには反映されません。
  3. 実際に表示するときには「ノートペイン」と同じように表示されるので、ご注意ください。
「ノート表示」で作成した内容は、実際に表示する時に「ノートペイン」で作成した内容と同じ内容になってしまいますが
体裁を整えたノート内容を印刷したり、PDF化をして手元に分かりやすい資料として残す事が出来ます。
使い方にあわせてノート機能を使いわけましょう。

関連記事

  1. Office Word(基本編)テキストボックス

  2. Office Excel(関数編) COUNT関数・COUNTA関数の使い分け

  3. Office Word(基本編)インデントの操作

  4. Office Word(応用編)名刺を作ってみよう・その5

  5. Office Word(応用編)青空文庫を朗読しやすい台本にしよう!③

  6. Office Excel(テーブル編)スライサーでフィルター処理をもっと便利に

カテゴリーから探す