仮想デスクトップの仕組み

仮想デスクトップの機能を利用すると、デスクトップの画面が複数枚用意されるので、それぞれを切り替えて 表示できるようになります。
複数のアプリをデスクトップごとに分けて表示できるので、仕事別や目的別に
デスクトップを使い分けることができます。

デスクトップの追加

デスクトップの切り替え

他のデスクトップへのアプリの移動

関連記事

  1. 画面の文字を見やすくするには?【よくある質問Q&A】

  2. 使いやすい言語バー 【 はじめようWindows11】

  3. パソコンのスイッチを入れる方法・切る方法

  4. 家族以外のアカウントを追加するには

  5. 複数のファイルをフォルダーに整理する方法

  6. dynabook Battery Charging Control が表示される。

カテゴリーから探す