印刷

印刷の設定と実行

文書や画像を印刷するときには、まず、印刷ダイアログボックスを表示してプリンターやページ範囲、部数などを指定します。印刷する前にはプレビュー画面を表示し、印刷イメージをあらかじめ画面上で確認しておくといいでしょう。正しく印刷できることが確認出来たら印刷を実行します。用紙サイズや余白などはプリンターの機種ごとにできる設定もあります。

文書を印刷するには

ファイルタブや、ファイルメニュー、アクションメニュー、などから印刷を選択します。

印刷ダイアログボックスでプリンターやページ設定をして印刷を実行します。

印刷イメージをファイルに出力することもできます。

ここではワードパットで文章の印刷をしてみます。

左上、ファイルタブから印刷をクリックしてください。

印刷ダイアログボックスが表示されました。

設定後、印刷ボタンをクリックしてください。

プレビュー画面で確認しましょう:印刷の部分にカーソルを合わせると右画面に印刷メニューが表示されます。そこにある、印刷プレビューを押すことで、印刷時のイメージが表示されます。印刷ミスを防ぐためにも、一度確認をしておくと良いでしょう。
Windowsアプリから印刷するには:Windowsアプリの場合、印刷を開始するための操作がアプリ毎に違います。また、印刷ダイアログボックスの内容も違います。印刷に必要な設定は、ほぼ同じなので、ココの例を参考に設定をしてください。細かい設定は、それぞれのヘルプを参照してください。
ファイルごとに出力することもできます:プリンターの一覧からMicrosoft XPS document writer を選択して印刷を実行すると、印刷結果を名前を付けて保存。ダイアログボックスが表示されます。ここで、ファイル名を指定すると印刷イメージがXPS形式。またはOXPS形式の電子文書として、ファイルに出力されます。このファイルはXPSビューアーやリーダーなどで表示されます。また、ワードパッドやofficeのアプリでは電子文書でよく使われるPDFにも変換できます。

印刷部数を指定するには

印刷ダイアログボックスの部数ボックスで部数を指定します。

部単位で印刷にチェックマークを付けると、すべてのページを部数分だけ繰り返し印刷できます。

ここではワードパットを使用します。

ファイルから印刷をクリックしてください。

ページ範囲の部分で、すべて。にチェックマークを入れてください。

部数。のボックスで印刷した部数を入力してください。▲▼のボタンでも入力できます。

設定が完了したら、印刷ボタンを押してください。

同じページをまとめて印刷したい場合は部数ボックスの下にある:部単位で印刷にチェックを付けると、例えば3ページの文書なら1ページ目2ページ目3ページ目‥を繰り返して印刷されます。標準は1ページ目、1ページ目、1ページ目、2ページ目…という順序で印刷されます。目的に合わせて使い分けてみましょう。
印刷はすぐには中止されません:プリンターは印刷のデータを受け取り、プリンター内のメモリに保存されそれから印刷をします。したがって、キャンセルをしてもメモリ内のデータは消えないのですぐには止まりません。プリンターの電源をOFFにしたりすると故障の原因になるのでお勧めできません。プリンターに中止ボタンがあれば押してから待ちます。
一部のページだけを印刷したい場合:ページ範囲のボックスにある、ページ指定に入力すれば印刷したいページを指定できます。指定は[ - ]や[ , ]で区切ります。1ページから3ページまで印刷したい場合は1-3と入力します。1,3,5,6,7,8,10ページだけを印刷したい。といった場合はこのように入力します。目的に合わせて設定をし、無駄な紙を使わないように気を付けてください。
1,3,5,6,7,8,10ページだけを印刷したい場合の
入力方法

1枚の用紙に複数のページを印刷するには

印刷ダイアログボックスの、詳細設定やその他の設定などと、記載されたボタン、またはリンクをクリックし、1枚の用紙に印刷するページ数を選択します。

設定項目の名前や設定できる内容はプリンターごとに違いますのでそれぞれの説明書などをご確認ください。

自分の環境では同機能がなく、設定画面もありませんでしたので、画像などはありません。

用紙や余白を指定するには

ファイルタブやファイルメニューからページ設定を選択します。

ページ設定ダイアログボックスで、用紙サイズや印刷の向き、余白のサイズなどが指定できます。

文書の内容が用紙からはみ出すときは、余白を調整すればページ内に収めることができます。

左上メニューからファイル、ページ設定をクリックしてください。

ページ設定ダイアログボックスが表示されるので設定をして、OKをクリックしてください。

プリンターによっては余白の取り方が違うので余白を0にしても、用紙の周囲にわずかな余白部分ができる場合もあります。

文書をPDF形式で保存するには

印刷ダイアログボックスを表示し、プリンターの選択グループでMicrosoft print to PDF を選択します。ワードパッドの場合、ファイルの種類を変更して保存する方法ではなく印刷の手順を使う必要があります。なお、アプリによっては、ファイルに名前を付けて保存するときにODFが選択できるものもあります。

印刷ダイアログでMicrosoft print to PDF を選択します。

選択が終わったら印刷をおします。

保存画面が出てくるので、任意の名前、場所を選択し、保存をしましょう。

関連記事

  1. パスワードリセットディスクの作成方法

  2. サウンド再生の再生機器を確認するには

  3. お気に入りの画像をデスクトップ画面にする方法

  4. ウインドウのサイズを変更(拡大・縮小)する方法

  5. アプリを削除(アンインストール)する方法

  6. データを任意の場所に保存する

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す