文書にグラフを挿入する方法(円グラフ)

WPS Writerには棒グラフや円グラフ等様々なグラフを簡単に作成する方法があります。文字だけでは伝わりづらいこともグラフにすると分かりやすくなりますね。

基本編・グラフデータ編・デザイン編とグラフの作り方を学んできました。今回は実践編として円グラフの作り方をご紹介します。

動画で確認する

WPS Writer 文書にグラフを挿入する方法(円グラフ)

  1. 一番上のタブから「挿入」をクリックします
  2. 「グラフ」をクリックします
  3. 「グラフの挿入」ダイアログが開きます
  4. 左側のメニューから「円」をクリックします
  5. 円グラフの挿入画面が開くので、挿入したい円グラフを選んで「OK」をクリックします
  6. 円グラフが挿入されます

WPS Writer グラフのデータ編集方法

  1. メニューの「データの編集」をクリックします
  2. WPS SpreadSheetsが起動します
  3. グラフのデータを変更します
  4. 入力し終わったらWPS Writerに戻ります
  5. 変更したデータがグラフに反映されます
  6. 次に、表示範囲を変更します。「データの選択」をクリックします
  7. WPS SpreadSheetsが起動します
  8. 表の中で点線に囲まれている部分がグラフに表示される範囲です。表の左上からドラッグしてデータ全体を選択します
  9. 変更したらWPS Writerに戻ります
  10. データ全体がグラフに反映されます

WPS Writer グラフのデザイン・文字フォント変更方法

  1. 「グラフのレイアウト」をクリックします
  2. 「グラフのレイアウト」では全体のおおまかなデザインを変更できますので、好きなレイアウトを選びます
  3. 文字のフォントや大きさは、変更したい文字をクリックした後にホームタブの中から変更することができます

グラフのデザイン変更方法(詳細)

グラフをクリックして選択し、右側に表示されている書式設定のメニューから詳細を変更できます

  • それぞれの要素の縁取りを太くするには「線」をクリックし、線の幅を太くします
  • 実践・点線など線の種類を変えることも可能です
  • グラフに影を付けるには「効果」をクリックして次に「影」をクリックします(ここで影の大きさや位置も調整することが可能です)
  • 各要素を切り離すには「系列」から「系列のオプション」をクリックし、「面グラフの切り離し」のスライダーを動かして調整することができます
  • それぞれの要素の色を変更するには、変更したい要素をクリックし「塗りつぶしと線」をクリック、塗りつぶす色を選択します
  • グラフの周りの四角い線を消すにはグラフをクリックし、書式設定の「線」から「線なし」を選択します

あなたのアイデア次第で色々なグラフを作ることができます。ぜひチャレンジしてみてください。