更新プログラムの適用

windows updateとは

windows Updateはwindowsを自動的に更新するためのサービスです。windowsの不具合を修正したり、セキュリティを向上させるためのプログラム
がインターネット経由で自動的にダウンロード,インストールされます。
これににより、windowsが常に最新の状態に保っています。

Windowsを自動的に更新するには

Windows10では更新プログラムのインストールは自動的に実行されるので、特に必要な操作はありません。更新プログラムを適用するときにパソコンの再起動が必要になる場合、標準の設定では、パソコンが使われていないときに自動的に再起動が行われるようになっています。
基本的にはWindowsの基幹システムにかかわることなので原則インストールをしなければなりません。
ここでは、その設定を確認しておきましょう。

Windowsを手動で更新するには

【設定】の【Window Update】画面で【更新プログラムのチェック】ボタンをクリックします。更新プログラムをできるだけ早くインストールしたいときにはこの方法を使います。通常は、更新のチェックとダウンロード、インストールは自動的に実行されます。

再起動の日時を設定するよう通知するには

更新プログラムのインストールが終わると【再起動のスケジュール】が表示されます。
インストール時に再起動が必要になった場合には、アクションセンターに再起動の日時を指定するメッセージが表示されます。

更新プログラムやアプリのダウンロードを早くするには

【設定】の【更新とセキュリティ】画面で【詳細オプション】をクリックし、更新プログラムの提供方法として他のPCから更新プログラムやアプリがダウンロードできるようにします。近くのPCに保存された更新プログラムやアプリが素早くダウンロードされるようになります。

更新履歴を表示するには

Windows Updateの【更新履歴を表示する】をクリックします。重要な更新プログラムが【正しくインストールされました】と表示されていることを確認しておきましょう。

関連記事

  1. 画面の解像度を変更するには

  2. ストレージセンサーの設定方法

  3. タイルのグループに新しい名前を付けるには

  4. スライドショーを表示するには

  5. パソコンでタイマーを使う方法

  6. スクリーンセーバーを設定するには

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す