Office Excel(基本編) 数式のオートフィル

前回紹介したオートフィルは数式でも使うことができます。

たくさんの行で同じ計算をしたい時に便利です。

動画で確認する

数式のオートフィル

  1. 動画内では「B列」と「C列」を掛け算して「D列」に答えを表示させます。
  2. 「D2」をダブルクリックして半角「=」を入力します。
  3. つづいて「B2」をクリックします。
  4. 「B2」のセルがくるくる回る四角で選択され、「D2」セルの中に「B2」と入力されます。
  5. つづいて「*」を入力します。
  6. 最後に「C2」をクリックして「Enter」を押します。
  7. 計算結果が表示された「D2」セルを選択し、右下の小さな四角をクリックして下の方へドラッグします。
  8. 計算結果が表示されます。
このようにオートフィルは数式にも応用することができます。
同じ計算を何行もする時に便利ですよ。

関連記事

  1. Office Excel(関数編)VLOOKUP関数④

  2. ノート機能の使い方

  3. Office Excel(基本編)ふりがなを振る方法

  4. Office Excel(基本編)列・行・セルの挿入

  5. スライドにYouTubeを挿入する

  6. Office Excel(関数編)VLOOKUP関数⑥

カテゴリーから探す