Office Excel(基本編)列・行・セルの挿入

Excelの基本操作の列や行、セルの挿入方法をご紹介していきます。

今回のポイントは以下の3点です。

・列の挿入

・行の挿入

・セルの挿入

動画で確認する

列の挿入

  1. A列の「A」の辺りをクリックすると、列全体が選択されます。
  2. 列全体が選択された状態でメニューの「挿入」をクリックします。
  3. 空白の列がA列に挿入されて、それ以降の列がひとつ右にずれます。

行の挿入

  1. 列と同じように1行目の「1」の辺りをクリックして、行全体を選択します。
  2. 選択した状態でメニューの「挿入」をクリックします。
  3. 1行目に空白の行が挿入され、行がひとつ下にずれます。
  4. 右クリックをして表示されたメニューから「挿入」をクリックしても同じ操作が可能です。

セルの挿入

  1. セルを選択して右クリックをします。
  2. メニューから「挿入」をクリックします。
  3. セルの挿入の場合、「セルの挿入」ウインドウが開きます。
  4. 「下方向にシフト」が選択されているので、そのまま「OK」をクリックします。
  5. 選択したセルに空白のセルが挿入され、その下のセルが移動します。
「右方向にシフト」をクリックすると、選択したセルの右方向にセルが移動され
「行全体」・「列全体」をクリックすると、列の挿入・行の挿入と同じようにセルが移動します。
必要に応じて選択しましょう。

関連記事

  1. Office Word(基本編)文字列の折り返しの使い方・その1

  2. Office Excel(基本編)オートSUM

  3. Office Excel(関数編)ASC関数・JIS関数

  4. スライドにページ番号を表示する方法

  5. Office Word(基本編)基本的な書式設定のまとめ

  6. Office Excel(基本編)家計簿を作ってみよう!①

カテゴリーから探す