Office Word(基本編)画面各部の名前を覚えよう

今回はWordの使い方のご紹介です。
何事も基礎が大切!ということで…
まずはWordの各部の名前を覚えていきましょう。
Wordを開いて「白紙の文書」をクリックして始めましょう。

動画で確認する

Wordの各部の名前一覧

  1. 【本文領域】
    文書や表等を入力する場所のこと。文書編集画面の四隅にある直角のマークの内側の領域。
  2. 【余白】
    本文領域の外側の空白のこと。
  3. 【文字カーソル】
    本文領域内で点滅している縦線のこと。キーボードで文字を入力すると、この文字カーソルの位置に文字が入る。
  4. 【段落記号】
    文章の改行位置を表す記号で、改行マークと言うこともある。文字カーソルの右側にある小さな矢印マークのこと。印刷時には表示されない。
  5. 【リボン】
    画面上部にある「ホーム」や「挿入」、「デザイン」、・・・・等の機能のこと。本文領域に入力した文書を飾りつけたり、写真や表を挿入することができる。
  6. 【ズームスライダー】
    文書を拡大縮小することができる機能。画面右下のスライダーを動かしたり、「+」「-」をクリックすることで倍率を変更できる。 あくまで画面上の見え方を変更しているのみで、印刷には反映されない。

※注意

・段落記号(矢印マーク)は、印刷時に反映されません。
・ズームスライダーで拡大縮小した文章は、あくまで画面上の見え方を変更しているだけなので、実際の印刷に反映されません。