アニメーションの種類 開始・強調・終了・軌跡

パワーポイントのアニメーションは沢山の種類が用意されています。そしてその種類は大きく分けて4つ。「開始」「強調」「終了」「アニメーションの軌跡」があります。

ではそれぞれの特徴についてみていきましょう

動画で確認する

  

パワーポイントで使えるアニメーションの種類

  • 開始:文字や図形に動きをつけてスライド上に登場させる効果→スライドが変わった時は隠しておいて好きなタイミングで登場させる事もできます
  • 強調:スライド上にある文字や図形に動きをつけてアピールを行う効果→説明のタイミングに合わせて文字などを動かし、見る人の視線を集める事もできます
  • 終了:スライド上にある文字や図形に動きをつけてスライドから退場させる効果→説明が終わった後注目からはずしたいときなどに使います
  • アニメーションの軌跡:スライド上の文字や図形が設定した通りの軌跡をたどって動く効果→今表示させている場所から別の場所へ移動させたい時などに使います

  

複数のアニメーションを設定してみましょう

  1. オブジェクトを選択した状態でアニメーションタブのアニメーションの追加をクリックします
  2. アニメーションの選択ウインドウが表示さるのでその他の強調効果をクリックします
  3. カラーで拡大を選択します
  4. 次にアニメーションの軌跡にある図形を選択すると、文字が線に沿って動くようになります
  5. 軌跡のアニメーションのタイミングを直前の動作と同時に変更します
  6. 再生してみると強調のアニメーションをしながら移動する動きができます
  7. 強調のアニメーションの長さを軌跡と同じくらいに変更し
  8. 終了のアニメーションをピンウィールにします
  9. 最後にスライドショーで確認してみましょう

まとめると開始で現れて、強調や軌跡で目立たせて終了で消えるということです。

今回はひとつのテキストボックスにすべてを設定しましたが、もちろん開始だけ、強調だけといったアニメーションも可能です。そして画像や図形を動かすこともできます。
工夫次第で色々な効果がつくれますのでぜひ試してみてください

関連記事

  1. Office Word(基本編)案内状の作り方・その2

  2. Office Excel(基本編)家計簿を作ってみよう!③

  3. Office Excel(基本編)家計簿を作ってみよう!①

  4. Office Excel(基本編)オートSUM

  5. Office Word(応用編)すべてのルビを一括で設定する方法

  6. Office Excel(基本編)見出しの行や列の固定

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す