Writerの画面構成とファイル操作

「Writer」の操作画面

Writerの画面構成とファイル操作

「Writer」の操作画面

「Writer」の操作画面には、さまざまな機能が盛り込まれています。

各機能がどとに配置されているか、大まかに把握しておきましょう。

① ファイルタブ

「新規作成開く保存印刷など、基本操作のメニューを表示します。

② メニュータブ

作業目的のクループ名を選択して、「ツールパー」の表示を切り替えます。

③ ツールバー

「ツールバーに表示されるボタンは、作業目的によって異なります。

「ツールバ ー」の表示は「メニュータブ」で切り替えます。

④ タイトルパ一

文書ファイルの名前が表示されます。

⑤ クイックメニュー

ファイル操作や「元に戻すやり直しなどの操作ボタンが並んで、います。

⑥ 文書タブ

複数の文書ファイルを開いた際に、「文書タブをクリックして、編集する

文書ファイルを切り替えます。

⑦ 編集ウインドウ

文書の編集を行ないます。

⑨ ワークウインドウ

「ワークウインドウ」は、ファイルの読み込みや「クリップアートの選択、

図形選択などの機能力ず表示される領域です。

⑨ 表示モード切り替え

文書の表示モードを切り替えます。基本的な表示モードは、「印制レイア

ウト アウトライン ウェブレイアウトの3種類です。

⑩ ズーム

スライダのハンドルを左右にドラッグして、編集画面を拡大・縮小します。

「ズームの+と-をクリックすると、10%ずつサイズが変化します。

関連記事

  1. 文字の色を変える

  2. 画面全体が薄緑色になった

  3. 余白の設定

  4. 文書ファイルを保存する

  5. 「ワークウィンドウ」の操作

  6. セルの選択と表示

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す