音声の挿入

オーディオ

「オーディオ」は、スライドに音声を挿入する機能です。

[1]
ツールバーの「挿入」より「オーディオ」ボタンをクリックして、「サウンドを挿入」ダイアログから音声ファイルを選択する。

[2]
「スライドショーにていつ音楽を再生しますか?」というダイアログが表示されたら、「自動」または「クリック時」のどちらかをクリックする。

プレゼンテーションの再生時には、このダイアログの選択に従って、サウンドが再生されます。「自動」に設定すると、スライドの表示と同時に音声が再生されます。

[3]
サウンドのアイコンをドラッグしてスライドの位置を調整する。

「サウンド」を挿入すると、スライドにスピーカー図柄のアイコンが表示されます。そのアイコンは、スライドの表示を妨げないような配置にしてください。

再生時にサウンドのアイコンを非表示にする

以下のように「再生オプション」を設定すると、プレゼンテーションの再生時に、サウンドのアイコンを非表示にできます。

[1]
サウンドのアイコンにカーソルを当てたり、離したりする簡単な操作で非表示に出来ます。

アイコンを非表示にすると、プレゼンテーションの再生時に操作パネルが表示されないので、サウンドを挿入するときに、再生方法を「自動」に設定してください。

BGMを挿入する

ツールバーの「挿入」より「BGM(音楽)」ボタンをクリックすると、スライドに「BGM」(バック・グラウンド・ミュージック)を挿入できます。

「BGM(音楽)ボタン」  「BGM(音楽)」のアイコンと操作パネル
📝「サウンド」と「BGM(音楽)」の違い
「サウンド」では、挿入したスライドのみを対象に再生されますが、「BGM(音楽)」では、プレゼンテーションの再生中に、継続して音楽が再生されます。先頭のスライドにBGMを挿入しておくと、プレゼンテーションが終わるまで、音楽を再生し続けることができます。

関連記事

  1. 複合グラフ

  2. 「縦書き」の文書を作る

  3. 文字の色を変える

  4. ルーラーでタブ位置を揃える

  5. 写真などの画像を挿入する

  6. 取り消し線のデザインを変更する方法

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す