サービスとサブスクリプションを管理するには

Microsoftアカウントページを表示し、サービスとサブスクリプション画面で操作します。
Microsoftが提供している有料または、無料のサービスについて、利用状況の確認やサービス内容の確認、サービスの試用などができます。

サービスとサブスクリプションをクリックしてください。
その他のサービス画面が表示されました。

ココではoffice on-lineを確認してみます。

オンライン上でマイクロソフトオフィスを使うことができます。
ただし、機能制限があるので、パッケージ版やoffice365と全く同じではありません。

試しにエクセルを起動し使ってみましょう。
アプリの画面からEXCELをクリックしてください。

試しに4月の売上表を作成してみました。
関数もオートSUM・桁区切り・オートセルなど基本的な機能は問題なく使えます。

ブックは自動的にonedriveに保存されるので、保存ボタンはありません。
onedriveを使えば自宅でも職場でも開くことができます。
PCに保存することもできるのでエクセルを開くソフトが入っていれば、オフラインでも使うことができます。

他にもWordやPowerPointなども使えるので基本的な機能しか使わない。という人は、
こちらのon-lineofficeでも十分な効果を発揮してくれます。

関連記事

  1. 富士通製の機器で「製造日によってはバッテリーが発火する可能性がある」と表示された

  2. ユーザーアカウント制御項目の設定変更について

  3. パソコンに好きな音楽を取り込む方法

  4. 画面をスクロール(上下動)させる方法

    画面をスクロール(上下動)させる方法

  5. 通知領域の利用

  6. フォトアプリから画像や動画をメールやSNSで送るには

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す