セキュリティとアクセス許可の設定一覧

一般的なセキュリティの設定と、その設定のためのアクセス許可を
一覧表で示します。
設定対象のフォルダーはパブリックのドキュメントやパブリックのピクチャーなど
全体に公開されるフォルダー内に作成されているものとします。
なお、個人用のフォルダーになるファイルを他のユーザーからも見られるように
設定するのはお勧めできません。

アクセス許可の設定と意味

アクセス許可意味
フルコントロールファイルやフォルダーに対するあらゆる操作ができる
フォルダーのスキャン/ファイルの実行フォルダーに移動したり、アプリの実行ができる。ふぉるだーの一覧/データの読み取りが拒否されている場合、エクスプローラーでフォルダーを選択して移動することはできるが、該一覧は表示できない
フォルダーの一覧/データの読み取りフォルダーのファイル一覧を表示したり、ファイルのデータを読み取ることができる。
属性の読み取り読み取り専用や隠しファイルなどの属性が表示できる
拡張属性の読み取りアプリ毎に決められたファイルやフォルダーの拡張属性が表示できる
ファイルの作成/データの書き込みフォルダーで新しいファイルを作成したり、フォルダー内のファイルにデータを書き込んだりできる。拒否した場合、新規ファイルは作成できないが、新規フォルダーは作成できる
フォルダーの作成/データの追加新しいフォルダーを作成したり、フォルダー内のファイルの末尾へデータを追加したりできる
属性の書き込み読み取り専用や隠しファイル等の属性が変更できる。
拡張属性の書き込みアプリ毎に決められたファイルやフォルダーの拡張属性が変更できる
サブフォルダーとファイルの削除フォルダーに含まれる会のフォルダーやファイルに削除の許可がなくても削除できるようにする。フォルダーに対してのみ設定できる
削除ファイルやフォルダーの削除ができる。
アクセス許可の読み取りこの表にあるようなアクセス許可の読み取りができる。ただし、所有者はアクセス許可を常に読み取れる
アクセス許可の変更この表にあるようなアクセス許可の変更ができる。ただし、所有者はアクセス許可を常に変更できる。
所有権の取得ファイルやフォルダーの所有者になれる

関連記事

  1. 【設定】画面とコントールパネルの利用

  2. Windowsメディアプレーヤーの活用

  3. スクリーンセーバーを設定するには

  4. ほかのフォルダの画像を表示するには

  5. USBメモリやCD・DVDを挿入したときの動作を変更するには

  6. Windowsセキュリテイを活用する方法・ファイアウォール編

カテゴリーから探す