パスワードリセットディスクを作成するには

コントロールパネルの「ユーザーアカウント」画面を表示し、「パスワードリセットディスクの作成をクリックします。
パスワードを忘れた際にパスワードリセットディスクを利用すれば
古いパスワードをリセットして、新しいパスワードが設定できます。

※ローカルアカウントでサインインしてください。
※パソコンにはUSBメモリなどのリムーバブルメディアをセットしてください。

コントロールパネルは
スタートメニューからWindows システムツールから立ち上げてください。


ユーザーアカウントをクリックしてください。

ユーザーアカウントをクリックしてください。

パスワードリセットディスクの作成をクリックしてください。


必ずローカルアカウントでサインインしてください。 Microsoftアカウントでサインインしている場合は ユーザーアカウント画面にパスワードリセットディスクの作成が表示されません。
ドメインに参加時には作成も使用もできません。 ドメインに参加している期にはパスワードリセットディスクの作成・再設定はできません。 パスワードを忘れてしまった場合は、管理者に依頼し、パスワードを削除してもらう必要があります。

パスワードリセットディスクの作成ウィザードが表示されたら次へ。をクリックしてください。

パスワードキーディスを作成するドライブを聞かれるので
作成したい、USB等を選択し次へをクリックしてください。
この後は、画面の指示に従って完了させてください。

サインイン画面でパスワードを間違えた際に、パスワードが正しくありません‥などのメッセージが表示されるので
OKをクリックしてください。
サインイン画面にて、パスワードのリセットを選択し、作成したパスワードキーディスク
をパソコンに取り付け、操作をしてください。

パスワードのリセットをクリックしてください。


「パスワードキーディスクがあるドライブ」ボックスをクリックしてください。
表示された一覧からパスワードリセットディスクを挿入したドライブ名をクリックしたら、「次へ」をクリックします。


新しいパスワードに新しいパスワードを入力してください。
パスワードの確認入力に、新しいパスワードをもう一度入力してください。
新しいパスワードのヒントを入力してくださいにヒントを入力してください。」

次へをクリックしてください。

完了をクリックし、操作は完了です。
新しいパスワードを使ってサインインしてください。

パスワードの再設定はローカルアカウントでしかできません。 Microsoftアカウントのパスワードを変更する場合は Microsoftアカウントのサインインページを開き アカウントにアクセスできない場合というリンクをクリックし 画面に従って操作してください。

関連記事

  1. ウイルス・スパイウェア対策

  2. ディスプレイ画面の明るさが勝手に変わってしまう

  3. インターネットを利用して自動的に時刻を合わせるには

  4. パソコンの電源の入れ方・切り方

  5. 画像の傾きを調整するには

  6. ユーザーを切り替えるには

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す