パソコンの超基本・ファイルとフォルダー

パソコンを使っていると、よく「ファイル」と「フォルダー」という言葉が出てきます。

「ファイル」と「フォルダー」の違いが分からないと、操作の説明を見ても理解出来ない事があるので、パソコンを使う上では最低限必要な知識になります。

動画で確認する

ファイルとは

  1. 「ファイル」とは、作成した文書や写真、音楽などのデータの事です。
  2. 種類によって、テキストファイル、画像ファイル、音楽ファイルといった呼び方をします。

フォルダーとは

  1. 「フォルダー」とは、ファイルを分類してしまうための場所の事です。
  2. パソコンを立ち上げると、最初に出てくるデスクトップ画面は「机の上」という意味なので、「フォルダー」は机の「引き出し」だと思いましょう。

フォルダーの作成方法

  1. 「フォルダー」は自由に作る事ができます、デスクトップ画面で「右クリック」をし、メニューにある「新規作成」にカーソルを合わせます。
  2. 更にメニューが表示されるので、「フォルダー」をクリックします。
  3. すると、デスクトップ画面に「新しいフォルダー」という名前のフォルダーが作成されます。
  4. このままでは何のフォルダーか分かりづらいので、名前を変更しましょう。
  5. 作成したフォルダーを右クリックし、メニューから「名前の変更」をクリックします。
  6. フォルダーの名前部分が選択された状態になるので、「写真」と入力し「Enter」キーを押下します。
  7. 「新しいフォルダー」が「写真」という名前のフォルダーに変わります。
  8. あとは写真のファイルをフォルダーに入れていけば、綺麗に整頓が出来ますね。

フォルダーの応用

  1. 「フォルダー」の中に更にフォルダーを作る事も出来ます。
  2. たとえば、写真フォルダーの中に撮影した日付や場所ごとにフォルダーを作る事で、ファイルを更に細かく分類出来るようになり、目的のファイルを見つけやすくなります。
「ファイル」は作成した文書や写真・音楽・動画などのデータ自体のこと
「フォルダー」は「ファイル」をしまうための場所の事を指しているという事ですね。
作成した「フォルダー」は、分かりやすい名前をつけないと、何のファイルがしまっているか分からなくなるので、必ず自分で分かる名前をつけましょう。

関連記事

  1. ユーザーアカウントの制御設定を変更するには

  2. 完全シャットダウンする方法

  3. ほかのフォルダの画像を表示するには

  4. 画像の傾きを調整するには

  5. 更新プログラムの適用

  6. 拡大鏡でパソコン画面を大きくする方法

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す