ファイルの種類に対してアプリを関連付けるには

[設定]の[規定のアプリ]画面で[ファイルの種類ごとに規定のアプリを選ぶ]をクリックして、 ファイルの拡張子とアプリの対応を指定します。
エクスプローラーなどでファイルを開くと、その拡張子に対応したアプリが起動します。

※予め「スタート]→[設定]→[アプリ]画面を表示します。

[規定のアプリ]をクリックします。
画面を下方向にスクロールします。
[ファイルの種類ごとに規定のアプリを選ぶ]をクリックします。

ここでは、[.txt]ファイルを開くと[ワードパッド]が起動するように変更します。
[.txt]に関連付けされた[メモ帳]をクリックします。
[アプリを選ぶ]から[ワードパッド]をクリックします。

[規定のアプリ]が変更されました。
デスクトップやドキュメントなどで、テキストファイルをクリックすると[ワードパッド]が起動するようになります。

関連記事

  1. Windowsセキュリテイを活用する方法・ウイルス定義更新編

  2. 別のディスプレイにも同じ画面を表示するには

  3. ユーザー辞書に単語を登録する方法

  4. デスクトップのアイコンがすべて消えてしまった

  5. パソコンの超基本・拡張子を表示する方法

  6. ほかのフォルダの画像を表示するには

カテゴリーから探す