文字列を移動する

 記入ずみの文字列を移動するには、次の2種類の方法があります。
・文字列を選択して、ドラッグして移動
・文字列を切り取って、移動先にペースト操作

ドラックして移動

 ドラッグによる文字列の移動は、主に移動距離が短い場合に有効な操作方法です。
 文字列の書式を含めて、そのまま移動します。


①移動する文字列を選択します。
②選択範囲をドラッグして、移動先でドロップします。

切り取ってぺースト

 「切り取り」は、編集画面上で選択された情報(文字列、書式、画像など)を消去すると同時に、その情報をクリップボードに取り込む操作です。
 この操作は、元のページから離れたページに文字列を移動させるときに素早く操作できます。

 文字列の「切り取り」をしてから、「貼り付け」ボタンの上側(アイコン部分)をクリックすると、書式を含んだぺースト操作になります。

 また、「貼り付け」ボタンの下側(「貼り付け」の文字があるところ)をクリックして、メニューから「書式を含める」「テキストのみ」「ぺースト先の書式に結合」の3項目から操作を選択できます。

 「切り取り」操作による文字列の移動は、以下の手順で操作します。

①移動する文字列を選択します。
②「ホーム」ツールバーの「切り取り」をクリックします。
③移動先の場所をクリックします。
④「貼り付け」の操作をします。

📝ショートカットキー
切り取り:[Ctrl + X]
貼り付け:[Ctrl + V]

関連記事

  1. 新しいスライドを作成する

  2. WPS Officeを起動したときにでるエラーメッセージの対処方法

  3. 写真のスライドショーを作ろう【その2】

  4. ドキュメント保管の文書がページ喪失した際の復元方法

  5. 画像などに枠や影をつける

  6. ノートの活用

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す