表からグラフを作成する

グラフの作成機能を使うと、表のデータからさまざまな「グラフ」を作ることができます。セルの数値データとともに、データ名などのテキストデータもグラフに反映されることがでできます。

「グラフ」には、「棒グラフ」「折れ線グラフ」「円グラフ」など、いろいろな種類があります。グラフ作成の例として、月ごとに集計したデータから、年間の合計数の推移を表す棒グラフを作成してみましょう。

〔1〕グラフにするデータセルの範囲を選択して(①)、「挿入」ツールバーを開き(②)、「グラフ」ボタンをクリック(③)。

データの「タイトル行」を含めて選択すると、「タイトル行」の情報がグラフに挿入されます。

データセルのみを選択した場合には、デフォルトの項目名等がグラフに挿入されます。これらの情報はグラフの作成後に変更できます。

グラフにするデータセルを選択

〔2〕「グラフの挿入」ダイアログの左のリストから、グラフのジャンル名をクリックして選択する(①)。

グラフのアイコンをクリックして(②)、「OK」ボタンをクリック(③)。

この手順の例では、「縦棒」グラフの中から、「積み上げ縦棒」というグラフを作成しています。

「グラフの挿入」ダイアログ

「積み上げ縦棒」では、各項目の棒グラフに、値の相対的な割合を色分けして表示します。

 各項目の合計の変化と同時に、値の相対的な変化も視覚的に表現できます。

〔3〕グラフエリア内の何ともないところにポインタを合わせて、グラフをドラッグして移動する。

 グラフは、画像などと同じようにオブジェクトとして扱います。

 グラフをドラッグして、配置したい場所に移動します。

グラフの移動

関連記事

  1. 文字の「フォント」や「サイズ」を変更する

  2. スライドに動画を挿入する方法

  3. 文字を太くする

  4. WPS表計算で、関数計算入力時、次の行に自動入力したい

  5. ワープロに写真を挿入する

  6. スライド切り替え

カテゴリーから探す