「名前を付けて保存」をする

画面右上「WPS Spreadsheets」をクリック後、「名前を付けて保存」にカーソルを当てると形式を選択して保存することができます。

ファイルを送る相手が、もしMicrosoftオフィスのExcelを使用している場合は、上から3つ目(.xls)を選びましょう。

指定が必要ない場合は、一番上の保存方法(.et)を選びましょう。

関連記事

  1. 取り消し線のデザインを変更する方法

  2. アート文字(WPS Presentation)

  3. 文書にページ番号を入れる

  4. 「ルーラー」によるインデント操作

  5. WPS Office(2016)を令和対応版に更新する

  6. 文字の編集

カテゴリーから探す