「名前を付けて保存」をする

画面右上「WPS Spreadsheets」をクリック後、「名前を付けて保存」にカーソルを当てると形式を選択して保存することができます。

ファイルを送る相手が、もしMicrosoftオフィスのExcelを使用している場合は、上から3つ目(.xls)を選びましょう。

指定が必要ない場合は、一番上の保存方法(.et)を選びましょう。

関連記事

  1. 文字を入力・装飾する方法【プレゼンソフト操作編】

    文字を入力・装飾する方法【プレゼンソフト操作編】

  2. 前回の続きの作業を始める

  3. ワープロ文書作成で用紙の表示倍率を変える方法

    用紙の表示倍率を変える方法

  4. Wordのように挨拶等の文例が出てこない

  5. 罫線を引く

  6. 長い棒線を引く

カテゴリーから探す