セル範囲の記述方法

数式の入力では、参照するセル範囲を設定することが多いので、「セル範囲」の指定方法を覚えておきましょう。

連続する範囲

連続する範囲はコロン「:」で区切ります。

【例】

行の範囲を指定D2:D2
列の範囲を指定C2:C5
矩形範囲を指定D3:F5

 矩形の範囲を指定する場合は、「左上角」と「右下角」のセル番地を入力します。

個々のデータおよび複数の範囲

被数の個別のセルや範囲を指定する場合は、カンマ「,」で区切ります。

【例】A2,B5,C4:C8,D10:F15

共通範囲

複数の範囲を指定して、共通する範囲を対象範囲にする場合は、セル範囲の区切りに「半角スペース」を入力します。

【例】B2:C6 B4:D5

図の例では、「B2:C6」と「B4:D5」の共通範囲「B4:C5」(背景がグレーの部分)のセルを計算対象として、「SUM」(合計)の結果を「B7」セルに表示しています。

共有範囲の計算例

関連記事

  1. 文書にグラフを挿入する方法(デザイン編)

  2. アート文字(WPS Writer)

  3. セルの結合

  4. 「ワークウィンドウ」の操作

  5. スライドショーの設定

  6. ワープロ文書作成で用紙の表示倍率を変える方法

    用紙の表示倍率を変える方法

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す