表計算ソフトで月日や数字を一列で表記する方法

表計算ソフトで月日や数字を一列で表記する方法

表計算ソフトでは数字や曜日を入力し、続けて表記すると連続データとして自動的に値が入力されます。
これはオートフィル機能とも言われ、表計算ソフトの大きな特徴でもあります。

しかし、場合によってはこのオートフィル機能を使いたくない時もあります。
同じ値を連続して入力する方法をご紹介します。

動画で確認する

表計算ソフトで月日や数字を一列で表記する方法

  1. 例えば「1月」と入力します
  2. セルの四隅にカーソルを合わせると「+」マークが表示されます
  3. その状態で「Ctrl」キーを押しながら表記したい方向にドラッグします。

オートフィル機能を使いたい場合

「1月」「2月」「3月」などと、順番に表記していきたい場合には「ctrl」キーを押さずに四隅の「+」にカーソルを合わせ、表記したい方向へドラッグします。

関連記事

  1. 重なる画像の前後調整と画像の削除方法【プレゼンソフト操作編】

    重なる画像の前後調整と画像の削除方法【プレゼンソフト操作編】

  2. 画像や図形などに「キャプション」を付ける

  3. ワープロや表計算ソフトで文字色を変える方法

    ワープロや表計算ソフトで文字色を変える方法

  4. アート文字を使って文字を装飾する方法

  5. ワープロで文字入力すると赤の波線が出る

  6. WPSのSpreadシート内のマウスポインタを変更する方法

カテゴリーから探す