Microsoft Edge ホームページをアプリのように表示する

GoogleのGmailやカレンダー、MicrosoftのOfficeオンライン版など便利なWebサービスは沢山あります。これらは普通ブラウザから使うものですが、Edgeではこれをアプリの様な使い勝手に変える機能があるんです。

Microsoft Edgeとは

Windows10、Windows11ではMicrosoft Edgeが標準のブラウザとして搭載されるようになりました。そしてInternetExplorerは2022年6月15日にMicrosoftのサポートが終了する予定です。今のうちにMicrosoft Edgeの使い方を確認しておきましょう

  

動画で確認する

   

ホームページをアプリのように表示する方法

  1. メニューバー一番右の「・・・」をクリックします
  2. 「アプリ」にカーソルを合わせ、「このサイトをアプリとしてインストール」を クリックします
  3. アプリのインストールというウィンドウが出てくるので「インストール」をクリックします
  4. ページが独立してアプリとして表示されます
  5. タスクバーやスタートメニューへのピン留め、ショートカットの作成などのチェック項目が出てきますので許可したい項目にチェックして「許可」をクリックします
  6. タスクバーとスタートメニューにも登録されます

こうするとEdgeを開かなくてもそのページだけをアプリとして開けます。

   

アンインストールの方法

  1. メニューバー一番右の「・・・」をクリックします
  2. 「アプリ」にカーソルを合わせ、「アプリの管理」をクリックします
  3. インストールされているアプリに一覧が表示されるのでアンインストールしたいものの 「×」をクリックします
  4. 確認ウィンドウが出てくるので「削除」をクリックします

関連記事

  1. セキュリティ対策ソフトについて

  2. ネットワーク接続の状態を確認するには

  3. ローカルセキュリティポリシーのそのほかの設定

  4. ヤフー(Yahoo!)をホームページに設定する方法

  5. マルウェアとは

  6. IPアドレスを確認する方法

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す