タブのスリープでパソコンを軽くする!【Microsoft Edge】

Edgeのタブ機能はとても便利ですが、たくさんのタブを開いておくとメモリーなどリソースを使ってしまい、PCが遅くなる原因になります。 Edgeには一定時間使っていないタブを自動的に一次停止してPCの負荷を軽くする、「スリープタブ」という機能があります。

動画で確認する

スリープタブの設定方法

メニュー右端の「・・・」をクリックします

設定をクリックします

左のメニューから「システムとパフォーマンス」をクリックします

「スリープタブでリソースを保存する」のスイッチをクリックしてオンにします

これでスリープタブの設定ができるようになりました。

「非アクティブなタブを、指定された時間が経過した後、スリープ状態にします」のドロップダウンメニューでは、どれだけの時間タブを使っていないとスリープになるかを設定できます。

「スリープタブのフェード」のスイッチがオンになっているとスリープしているタブがグレーになります。

スリープにしたくないタブを設定する

スリープしたくないタブは「これらのサイトをスリープ状態にしない」から設定できます。

追加をクリックします

出てきたウィンドウにスリープしたくないページのURLを入力します

このスリープタブはノートパソコンではバッテリーの持ちにも関わってきます。
ぜひお試しください

関連記事

  1. EdgeをIEとして使う方法(IEモード・Internet Explorer モード)【Microsoft Edge】

  2. Wi-Fiにつながらない時に確認すること

  3. ネットワーク内でのパソコンの検索をオンまたはオフにするには

  4. IPアドレスを確認する方法

  5. ローカルセキュリティポリシーを表示するには

  6. 新しく買ったパソコンがインターネットにつながらない

カテゴリーから探す