【Microsoft Edge】EdgeをIEとして使う方法(IEモード・Internet Explorer モード)

Windows11にはInternet Explorerは搭載されていません。 しかし、ネットバンキング等で一部に、Internet Explorerでの表示が必要なサイトがあります。 そうなるとInternet Explorerを使わざるを得ません。 そういう時のためEdgeには「Internet Explorer モード」、通称「IEモード」が用意されています。 今回はこの、IEモードの使い方をご紹介します。

Microsoft Edgeとは

Windows10、Windows11ではMicrosoft Edgeが標準のブラウザとして搭載されるようになりました。そしてInternetExplorerは2022年6月15日にMicrosoftのサポートが終了する予定です。今のうちにMicrosoft Edgeの使い方を確認しておきましょう

  

動画で確認する

   

EdgeをIEとして使う方法(IEモード・Internet Explorer モード)

  1. メニューバー一番右の「・・・」をクリックします
  2. 開いたメニューから設定をクリックします
  3. 画面左のメニュー一覧から既定のブラウザーをクリックします
  4. Internet Explorerの互換性という項目が表示されますのでInternet Explorer モードでサイトの再読み込みを許可の項目を許可にします
  5. 「この設定の変更を有効にするには、ブラウザーを再起動してください」と表示されるので、再起動をクリックします
  6. MicrosoftEdgeが再起動したらIEモードで表示したいページを開きます
  7. タブの上で右クリックします
  8. Internet Explorer モードでタブを最新の情報に再読み込みをクリックします
  9. するとアドレスバーの左側にInternet Explorerのアイコンが表示されて注意を促すウィンドウが表示されます
  10. 常にそのページをIEモードで開きたい場合は「次回、このページをInternet Explorerモードで開く」のスイッチをクリックしてオンにします
  11. 見た目はほとんど変わりませんがこれでIEモードで表示されています
  12. 上部の「終了」ボタンか、タブを右クリックしてタブのInternet Explorerモードを終了を クリックするとEdgeでの表示に戻ります

Internet Explorerでないと動かないとお困りのときはIEモードを試してみてください

関連記事

  1. Google Chrome「お気に入り」のバックアップと引越し方法

  2. LANケーブルを使って接続するには

  3. プロキシサーバーを指定するには

  4. マルウェアとは

  5. 【Microsoft Edge】ホームページのスクリーンショットを撮る超簡単な方法!

  6. 他のパソコンと設定を同期するには

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す