Office Excel(ピボットテーブル編)一番簡単なピボットテーブル

今回は、「ピボットテーブル」で「行」と「値」を使った表の作成についてお届けします。
難しいイメージがありますが、実践でも使える機能なので是非覚えていってください。

動画で確認する

「ピボットテーブル」の作成

  1. 初めに「表」のどこかをクリック
  2. 画面上部「挿入」をクリック
  3. 「ピボットテーブル」をクリック
  4. ピボットテーブルのフィールド内の「項目」を「値」にドラッグ
  5. 必要のない項目のチェックを外す

如何でしたでしょうか、何となく掴めてきましたか?
次回もピボットテーブルについてやっていきます、頑張ってついてきてみてください!

関連記事

  1. Office Excel(関数編)AVERAGEIF関数

  2. Office Word(基本編)箇条書きの設定方法

  3. Office Excel(ピボットテーブル編)データの更新

  4. Office Word(応用編)名刺を作ってみよう・その4

  5. Office Excel(関数編)VLOOKUP関数⑤

  6. Office Word(応用編)すべてのルビを一括で設定する方法

カテゴリーから探す