Office Excel(ピボットテーブル編)一番簡単なピボットテーブル

今回は、「ピボットテーブル」で「行」と「値」を使った表の作成についてお届けします。
難しいイメージがありますが、実践でも使える機能なので是非覚えていってください。

動画で確認する

「ピボットテーブル」の作成

  1. 初めに「表」のどこかをクリック
  2. 画面上部「挿入」をクリック
  3. 「ピボットテーブル」をクリック
  4. ピボットテーブルのフィールド内の「項目」を「値」にドラッグ
  5. 必要のない項目のチェックを外す

如何でしたでしょうか、何となく掴めてきましたか?
次回もピボットテーブルについてやっていきます、頑張ってついてきてみてください!

関連記事

  1. Office Excel(基本編)家計簿を作ってみよう!②

  2. Office Word(基本編)文字列の折り返しの使い方・その1

  3. Office Word(基本編)用紙サイズと余白の変え方

  4. Office Excel(テーブル編)スライサーでフィルター処理をもっと便利に

  5. Office Excel(関数編)VLOOKUP関数①

  6. Office Word(基本編)箇条書きの設定方法

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す