Office Excel(基本編)グラフの作成

エクセルでは表を元にグラフを簡単に作ることができます。

表をグラフにするとデータが把握しやすくなりますよ。

今回は、グラフの作り方をご紹介していきます。

動画で確認する

グラフの作成

  1. グラフにしたい範囲をドラッグします。
  2. 画面上部の「挿入」をクリックします。
  3. 「おすすめグラフ」をクリックします。
  4. 「グラフの挿入」ウインドウが開くので、グラフの種類を選び「OK」をクリックします。

グラフの移動とサイズ変更

  1. グラフは余白部分をクリックしてドラッグすると、自由に移動できます。
  2. グラフの周りにある○をドラッグすると、大きさを変える事ができます。

グラフタイトルの挿入

  1. 「グラフタイトル」の上にカーソルを移動します。
  2. カーソルの形が変わったら「グラフタイトル」をクリックします。
  3. 入力されている文字列をドラッグして選択します。
  4. 「支店別売上」と入力します。
  5. グラフの余白をクリックします。
  6. 入力された文字が確定され、グラフの完成です。
今回紹介したように
エクセルではいろいろな種類のグラフを簡単に作成することができます。
みなさんもぜひチャレンジしてみてください。

関連記事

  1. Office Excel(基本編) 関数の基本

  2. Office Excel(関数編)AVERAGEIF関数

  3. スライドショーの開始方法

  4. Office Excel(ピボットテーブル編)行と列・データの抽出

  5. Office Excel(関数編)IF関数①

  6. Office Word(応用編)青空文庫を朗読しやすい台本にしよう!③

カテゴリーから探す