Office Excel(関数編)AVERAGE関数

今回は数値の平均を計算する関数、「AVERAGE関数」をご紹介します。

動画で確認する

数値の平均を計算する

  1. H2セルに「=AVERAGE(」と入力します。
  2. 計算したいセルをドラッグして選択して「Enter」を押します。
数式を見てみると、「=AVERAGE(B2:E5)」となっています。
B2とE5の間にある「:」は前後2つのセルの間にあるセルも引数とする記号で
「参照演算子」ともいいます。

関連記事

  1. Office Excel(関数編)VLOOKUP関数⑥

  2. アニメーションのタイミング

  3. Office Excel(関数編)MAX関数・MIN関数

  4. Office Word(基本編)文字種の変換

  5. ファイルが読み取り専用で編集できない

  6. Office Word(基本編)コピーとペースト

カテゴリーから探す