Office Excel(関数編)PHONETIC関数

基本編で、名前にふりがなを振る方法について紹介しましたが

今回は、ふりがなを別のセルに表示できるPHONETIC関数をご紹介します。

ふりがなを振る方法についてはこちらをご覧ください。

動画で確認する

PHONETIC関数の使い方

  1. ふりがなを表示したいセルを選択します。
  2. 「関数の挿入」ボタンをクリックします。
  3. 「関数の分類」で「情報」を選択します。
  4. 「関数名」をスクロールして「PHONETIC」を選択して「OK」をクリックします。
  5. 「関数の引数」ダイアログが表示されます。
  6. ふりがなの元となるセルをクリックして「OK」をクリックします。
PHONETIC関数はふりがなを振っているセルを選択しないと機能しません。
もし表示したいふりがなを変更したい場合は、参照元のふりがなを変更しましょう。

関連記事

  1. Office Word(基本編)文字列の折り返しの使い方・その2

  2. Office Excel(基本編)表を自動的に並べ替える方法

  3. Office Word(基本編)網掛け・囲い文字・囲み線

  4. Office Excel(テーブル編)スライサーでフィルター処理をもっと便利に

  5. Office Word(基本編)案内状の作り方・その2

  6. Office Excel(関数編)VLOOKUP関数①

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す