Office Word(応用編)名刺を作ってみよう・その3

Office Word(応用編)名刺を作ってみよう・その2で入力した名前の他に、住所や電話番号の入力をしていきましょう。

動画で確認する

名刺を作ってみよう・その3

  1. 「挿入」タブをクリックし、表示されたメニューから 「テキストボックス」をクリック、更に「横書きテキストボックスの描画」をクリックします。
  2. 挿入したい場所でドラッグをし、テキストボックスを作ります。
  3. テキストボックスの枠線の上で右クリック、メニューから「塗りつぶし」をクリックして 「塗りつぶしなし」をクリックします。
  4. 同じように「枠線」をクリックした後、「枠線なし」をクリックします。
  5. テキストボックスを右クリックして「図形の書式設定」を開き 「レイアウトとプロパティ」をクリックし、各余白を0にします。
  6. テキストボックスの中で右クリックをし、「フォントサイズの縮小」をクリック、文字サイズを小さくして住所を入力します。
  7. 「ホーム」タブをクリックし、「均等割り付け」をクリックします。
  8. 作成された住所をコピーして、それを元に電話番号とメールアドレスを入力します。
  9. キーボードの「Shift」を押しながら、住所・電話番号・メールアドレスを選択します。
  10. 「レイアウト」タブをクリックし、「配置」を開き、「選択したオブジェクトを揃える」にチェックがあるかを確認します。 チェックが入っていない場合はチェックを入れます。
  11. 「左揃え」をクリックして行頭を揃えます。
  12. 「配置」を開き、「上下に整列」をクリックします。
  13. 「Shift」を押しながら、名前と線を選択します。
  14. 「配置」を開き、「余白に合わせて配置」をクリック、「左右中央揃え」を選択します。

行間の調整

住所・電話番号・メールアドレスを個別で動かして行間を調整した後に、 3つとも項目を選択して「上下に整列」を実行すると、調整した幅に合わせて自動的に行間が調整されます。

グループ化

「Shift」を押しながら項目を複数選択した状態で 「レイアウト」タブの中にある「グループ化」をクリックすると 1つのグループとしてまとめる事が出来ます。
グループ化をすると、いちいち「Shift」を押しながら項目を選択しなくても、まとめて動かしたりサイズを変更することが出来ます。

次回はアイコンを使ってデザインを完成させます。