小さな文字(拗音・促音)を入力する方法

小さな「っ」の促音や、「ょ・ゅ・ゃ」などの拗音を入力する方法の、2021年改訂版です。今回はローマ字入力の時の方法です。

動画で確認する

拗音・促音を入力する方法(単体での入力方法)

小さい「っ」の入力

小さな「っ」を単独で入力したい場合:[x]と[t][u]または[l]と[t][u]を入力します。
[x]と[l]どちらでも構わないので打ちやすい方を使ってください

小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」の入力

小さな「や」「ゆ」「よ」を単独で入力したい場合:「っ」と同様に[x]または[l]を入れて小さくしたい文字を入力します。

ゃ:[x]と[y][a]または[l]と[y][a]

ゅ:[x]と[y][u]または[l]と[y][u]

ょ:[x]と[y][o]または[l]と[y][o]

小さい「ぁ」「ぃ」「ぅ」「ぇ」「ぉ」の入力

小さな「ぁ」「ぃ」「ぅ」「ぇ」「ぉ」の場合も同様に[x]または[l]の後に[a・i・u・e・o]を入力します。

ぁ:[x]と[a]または[l]と[a]

ぃ:[x]と[i]または[l]と[i]

ぅ:[x]と[u]または[l]と[u]

ぇ:[x]と[e]または[l]と[e]

ぉ:[x]と[o]または[l]と[o]

小さな文字の入った単語を入力する方法

「はっぱ」や「きょう」のように小さな文字の入った単語を入力する方法です。

小さい「っ」の時は次にくる文字のローマ字1文字目を2回続けて入力します。
例えば「はっぱ」と入力したい時には[h・a・p・p・a]と[pa]の[p]が2回入力されます。

「きって」の時は[k・i・t・t・e]となります。

「ゃ・ゅ・ょ」の時は前の文字の[a・i・u・e・o]を省きます。
例えば「きょう」と入力したい時には[kyou]と[ki]の[i]が省略されます。

「しゅうじ」の場合は[s・y・u・u・j・i]となります。

撥音「ん」の入力方法

「ん」だけを入力するときや語尾がナ行の前の時は[n]を2回入力します。

「ごりん」と入力したい場合は[g・o・r・i・n・n]となります。

「かんな」と入力したい場合は[k・a・n・n・n・a]となります。

スムーズに文字が打てるようにぜひ練習してみてください。

関連記事

  1. 請求書をダウンロードしようとしたら不正なアクセスと表示された

  2. コンピューター名やワークグループの設定

  3. ウインドウのサイズを変更(拡大・縮小)する方法

  4. タスクバーが右に出てしまったので元に戻したい

  5. 動作が重い場合の対処法

  6. キーリピートが始まるまでの待ち時間を変更するには

カテゴリーから探す