【Windows11】ZIPファイルに圧縮する方法

ファイルをZIPファイルに圧縮すると、ファイルサイズが小さくなり、いつもは使わないファイルを保存するときにパソコンの容量を節約できます。 また複数のファイルをひとつにまとめられるので、メールで送ったり共有するのに便利ですよ。

動画で確認する

ZIPファイルに圧縮する方法

ZIPファイルにしたいファイルを選択します。

選択したうちのどれかを右クリックし「ZIPファイルに圧縮する」をクリックします。

これだけでZIPファイルの完成です。

ZIPファイルを開くにはできたZIPファイルをダブルクリックします。 すると普通のフォルダーと、同じように表示されます。

ZIPファイルの中身を確認するだけであれば、このままでも問題ないのですが。ファイルの中身のデータを編集したりするような場合には、解凍という作業が必要になります。

解凍するには画面内の「すべて展開」をクリックするか

ZIPファイルを右クリックしたメニューの中から「すべて展開」をクリックします。

チェルト新しくできたフォルダーに中のファイルが展開されます。

こうするとファイルの中身の編集などができるようになります。

Windows 10でのやり方は、以下のページをご参考ください。

関連記事

  1. 表示画像の一部を切り取ってコピーする方法

  2. Windowsメディアプレーヤーの活用

  3. 富士通製の機器で「製造日によってはバッテリーが発火する可能性がある」と表示された

  4. システムアイコンの表示非表示を切り替えるには

  5. Bluetoothのバージョンを確認する方法

  6. 拡大鏡でパソコン画面を大きくする方法

カテゴリーから探す