インターネット接続をするための回線とは

家庭や企業とインターネットを接続するために最も多く利用されているのが、光ファイバー(FTTH)、ADSL、CATV等のブロード回線と呼ばれる通信回線です。
ブロードバンドは「広い帯」という意味で、容量が大きいことを表しています。道幅が広ければ多くの自動車が高速で走れるのと同じように、容量の大きなブロードバンド回線では大量の通信データを高速に送受信することができます。

ブロードバンド接続の利用


ブロードバンド接続を利用するには、ブロードバンド回線への接続を提供する回線事業者やインターネットへの接続サービスを提供するプロバイダーと契約する必要があります。
契約完了後に回線事業者やプロバイダーから送られてくる書類の手順に従って接続します。

関連記事

  1. 有害なネットの情報から子どもを守る方法Google検索編

  2. 共有フォルダーのファイルを利用するには

  3. IPアドレスとは

  4. 組織によって管理されているというメッセージについて

  5. インターネットの接続方法

  6. ネットワーク内でのパソコンの検索をオンまたはオフにするには

カテゴリーから探す