光ファイバー(FTTH)回線で接続の準備をするには

パソコンとルーター、光回線終端装置(ONU)を接続します。光ファイバーの引込口からONUまでの接続は回線業者が行ってくれます。
集合住宅の場合は、ONUの代わりにVDSLモデムを利用する場合があります。
機器の接続が完了したら、接続の設定を行い、インターネットへ接続します。

光ファイバー(FTTH)回線の特徴とは


光ファイバー(FTTH)回線では、電話会社や電力会社などが敷設した光ファイバーを使ってインターネットに接続します。
ブロードバンド回線の中では通信速度が最も速く、中継局までの距離が遠くても通信速度があまり低下しません。回線品質は非常に高く、通信速度の変動も低く抑えられています。
光ファイバー回線は常時接続の形態で提供されることが多く、月々の利用料も定額課金制になっている場合がほとんどです。

集合住宅では「LAN配線方式」が使われることもあります。
集合住宅では、全住宅の共用部分までは光ファイバーを引き込み、各住宅への回線分配にはLANケーブルを使う「LAN配線方式」が利用されるケースもあります。
この場合は、各住宅にLANポートが設けられているので、LANケーブルを使ってパソコンを直接接続します。

関連記事

  1. 【ユーザー】フォルダーの共有を解除するには

  2. IPアドレスやDNSサーバーを変更するには

  3. ファイルの共有

  4. グーグル(Google)をホームページに設定する方法

  5. ホームページをアプリのように表示する方法【Microsoft Edge】

  6. LANケーブルを使って接続するには

カテゴリーから探す