セルの結合

セルの結合の基本操作

「セルの結合」の操作を行なうと、複数のセルを連結して1つのセルとして扱えます。「セルの結合」は、「空白セル」同士、または「1つのデータを含むセル」と「空白セル」という組み合わせで行なうのが基本です。


セルを結合するには、結合するセルの範囲を選択しでから(①)、「ホーム」ツールバー(②)の「セルを結合して中央揃え」ボタンをクリックします(③)。

セルを結合する操作
結合したセル

セルの結合時に消えるデータ

複数のセルにデータが含まれる範囲を選択してセルを結合すると、左上のセルのデータのみが残り、その他の範囲内のデータは消えます。
左上にデータがない場合には、行番号が小さく、左上に近いセルのデータが残ります。

セルの結合時には、重要なデータを消さないよう、気をつけて操作してください。

※セルを結合すると、表の罫線が消える場合があります。その場合には、罫線を再設定してください。

その他のセルの結合操作


「セルを結合して中央揃え」ボタンの文字のところをクリックすると、メニューが表示され、セルの結合方法を選択できます。

セルの結合方法のメニュー

メニューには、次のような設定項目があります。

セルを結合して中央揃え


「セルの結合」と「データの中央揃え」設定を同時に行ないます。この項目は、 「セルを結合して中央揃え」ボタン(上部)のクリックと同じ結果になります。

セルを結合

セルに設定されているデータの「揃え」の書式を変更しないで、セルの結合のみを行ないます。

すべてのセルの内容を結合

すべてのセルを一括でまとめて設定します。

選択範囲内で結合

「2行×2列」以上のセルを選択したときに、選択範囲内の行を結合します。上下の境界線は結合しません。


選択範囲内で中央

セルのデータを選択範囲の幅の「中央揃え」に設定します。

セルの結合を取り消す

結合されたセルを解除し、元の状態に戻します。

関連記事

  1. 写真のスライドショーを作ろう【その4】

  2. 画像などに枠や影をつける

  3. 音声の挿入

  4. ワープロ文書作成で用紙の表示倍率を変える方法

    用紙の表示倍率を変える方法

  5. 写真を挿入する方法【プレゼンソフト操作編】

  6. 印刷の手順

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す