合計

列の合計を求める

「列」(縦方向)に並ぶデータの直後のセルに合計値を表示する場合は、データセルの範囲を選択してから(①)、「ホーム」ツールバーを開き(②)、「合計」ボタンをクリックします(③)。
複数列を選択した場合には、列ごとに関数が設定され、合計の計算結果が表示されます。

関数が設定されたセルをクリックすると、「編集バー」に関数が表示されます。

合計の関数を設定する操作
計算結果と編集バー

合計値を表示するセルを指定する

先に空白のセルを選択してから、「合計」の関数を設定すると、データセルを合計した結果を任意の位置のセルに表示できます。

[1]合計値を表示するセルをクリックして(①)、「合計」ボタンをクリック(②)。

計算結果の表示セルを設定

[2]青色の矩形範囲のハンドル(小さな四角)をドラッグして、合計するデータの範囲を設定する。

範囲を設定する操作
設定されたデータセルの範囲

まず、矩形範囲に表示された左上のハンドルを、データ範囲の左上のセルまでドラッグします。

次に右下のハンドルを、データ範囲の右下のセルまでドラッグすると、データの矩形範囲を設定できます。

※矩形範囲の選択には、ます左上のセルをクリックして、次に[Shift]キーを押しながら対角のセルをクリックするという操作方法もあります。

[3]範囲が設定できたら、[Enter]キーを押すと、計算結果が表示される。

必要に応じて、データ名や罫線を入力する。

計算結果の表示

平均値やデータの個数などを求める

「合計」ボタンの文字のところをクリックして、メニューから「平均値」「データの個数」「最大値」「最小値」を選択して設定できます。

たとえば、「平均値」を求めるには、データセルの範囲を選択してから、「合計」ボタンの文字のところをクリックして、メニューから「平均値」をクリックします。

計算結果は、それぞれの列の下のセルに表示されます。

平均値を求める
計算結果の表示

平均値の小数点以下桁数を揃える

セルの書式の初期設定では、小数点以下の桁数はセル幅に合わせて表示され、桁数が多くて表示しきれない場合には、最小桁直下の値を四捨五入した数値が表示されます。

また、小数点以下の数値が無い場合には、小数点以下の数値(たとえば「.00」など)は表示されません。

※小数点以下の桁数を揃えて表示したい場合は、以下の手順で書式の設定を変更します。

[1]書式を変更するセルの範囲を選択して(①)、範囲内のセルを右クリックする(②)。コンテキストメニューから「セルの書式設定Jをクリック(③)。

セルのコンテキストメニュー

この手順の例では、選択した3つのセルを閉じ書式に設定します。

※ショートカット:「セルの書式設定」ダイアログを聞く=[Ctrl + 1]

[2]「セルの書式設定」ダイアログの「数値」タブを聞き(①)、「カテゴリー」欄の「数値」をクリックする(②)。「小数点以下の桁数」の数値を設定して(③)、「OK」ボタンをクリック(④)。

「小数点以下の桁数」の数値は、上下の「▲」ボタンをクリックして変更します。また、数値を直接入力することもできます。図の例では、「小数点以下の桁数」を2桁に設定しています。

「セルの書式設定」ダイアログ

[3]小数点以下の桁数の表示を確認する。

桁数を設定したセルで、小数点以下の桁数が揃っているのを確認してください。

関連記事

  1. 画像などに枠や影をつける

  2. 動画の挿入

  3. 文字の書体を変える方法

    ワープロや表計算ソフトで文字の書体(フォント)を変える方法

  4. スライドショーを起動する方法【プレゼンソフト操作編】

  5. 数字だけ表示がおかしい

  6. ドキュメント保管の文書がページ喪失した際の復元方法

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す