関数を挿入する

「関数の挿入」ダイアログを聞く操作方法

「合計」ボタンの文字のところをクリックして(①)、メニューから「その他の関数」をクリックすると、「関数の挿入」ダイアログが表示されます(②)。

このダイアログから、いろいろな関数を選択できます。

「関数の挿入」ダイアログを開く操作

また、「編集バー」左側の「関数の挿入」ボタンをクリックすると、素早く「関数の挿入」ダイアログを表示できます。

「関数の挿入」ボタン



「関数の挿入」ダイアログの操作

「関数の分類」のプルダウンメニューから関数の種類を選択して絞り込めます。

「関数の選択」欄から、設定する関数を選択して「OK」ボタンをクリックします。

それぞれの関数に対応したダイアログが表示されるので、ダイアログの表示に従って必要な項目を設定します。

「関数の挿入」ダイアログ

「標準偏差」を求める

関数の入力例として、「標準偏差」を求める表を作成してみましょう。「標準偏差」は、統計値の散らばり具合を表す数値です。

[1]「標準偏差」の結果を表示するセルをクリックして(①)、「関数の挿入」ボタンをクリック(②)。

結果を表示するセルを設定

[2]「関数の挿入」ダイアログの「関数の検索」欄に「STD」と入力(①)。「関数の選択」欄から「STDEVP」をクリックして、「OK」を」クリック(②)。

「STDEVP」は、ある母集団の標準偏差を求める関数です。

「関数の挿入」ダイアログ

[3]「関数の引数」ダイアログが聞いたら、「数値1」欄で編集カーソルが点滅しているのを確認して、対象となる母集団のデータ範囲のセルをドラッグする(①)。

「数値1」欄にセルの範囲が入力されたら(②)、「OK」ボタンをクリック(③)。

対象データのセルを設定

[4]「ホーム」ツールバーの「小数点以下の表示桁数を増やす/減らす」ボタンをクリックして、小数点以下の桁数を設定。

必要以上に小さな桁が表示されている場合は、「小数点以下の表示桁数を減らす」ボタンをクリックして調節します。

小数点以下の表示桁数を減らした場合は、表示しない桁を四捨五入した数値を表示します。

計算結果の表示

関連記事

  1. WPSoffice上で使用できる用紙設定が少ない

  2. 文書をPDFに変換

  3. いろいろな図形を挿入する

  4. 表計算を開く際、2~3ページ同時に開く

  5. 書式のクリア

  6. セル移動と編集のキー操作

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す