【Microsoft Edge】タブの使い方

Microsoft Edgeは「タブ」を使うことで、複数のページを同時に開いておくことができます。 今回はEdgeの基本となる、タブの操作のあれこれをご紹介します。

Microsoft Edgeとは

Windows10、Windows11ではMicrosoft Edgeが標準のブラウザとして搭載されるようになりました。そしてInternetExplorerは2022年6月15日にMicrosoftのサポートが終了する予定です。今のうちにMicrosoft Edgeの使い方を確認しておきましょう

  

動画で確認する

   

新規の開き方

Edgeはタブを使うことで複数のページを同時に開いておくことができます。Edgeの画面の一番上にある「+」をクリックすると新しいタブが開きます。

   

新規タブのレイアウト

新しいタブに表示される内容はj右上の歯車マークで設定できます。初期設定はシンプルになっており、イメージを選択すると背景に画像が表示されます。ニュースを選択するとニュースの部分が大きく表示されます。カスタマイズでは背景やニュースの表示などを好みに合わせて設定することができます。

   

タブを切り替えて情報を見比べる

新しいタブを開くとアドレスバーが入力状態になっています。このまま検索ワードを入力すると検索結果が表示されます。しかし、必ずしも知りたい情報が検索結果の一番上に表示されるとは限りません。いくつかの情報を比較したい時もありますね。そんな時もタブを使うと便利です。

  1. 検索結果のリンクを右クリックします
  2. メニューの一番上、リンクを新しいタブで開くをクリックします
  3. 新しいタブでページが開かれます
  4. 他のリンクも同様にして開いていきます

タブはドラッグ&ドロップで順番を入れ替えることができます。さらにタブを上か下にドラッグすると分離して別のウインドウにすることができます。

    

関連記事

  1. 【Microsoft Edge】Web版Office Edgeで無料のOfficeを使う

  2. ワイヤレスネットワーク接続を手動で設定するには

  3. インターネットの閲覧履歴を削除する方法

  4. ネットワークの場所と共有の設定

  5. 無線LANが繋がらない

  6. Googleアカウントの登録方法

カテゴリーから探す