シニア世代でも楽しく学べるパソコンレッスン

パソコンに慣れていないシニア世代でも楽しく学ぶことの出来るコンテンツをご用意いたしました。
パソコンを上達させるには日常生活の中でとにかく使ってみることに尽きます。
年賀状の作成お知らせ書類の作成など、日常生活でパソコンをより身近に活用していただけるようになります。

家計簿や台本の作成などをパソコンで行うと綺麗で見やすいだけでなく、変更も簡単に出来るのでおすすめです!

  

パソコンの基本 便利な機能を使ってみよう

パソコンは目覚まし時計として使ったり、タイマーやストップウォッチとして使うこともできます。まずはパソコンを毎日使って苦手意識をなくしていきましょう。

時計機能

パソコンで目覚まし機能を使う方法を紹介します。この「アラーム&クロック」は目覚ましだけでなくストップウォッチやタイマーとしても使うことができるので覚えておきましょう。

動画で学ぶ

タイマーの使い方はこの動画「パソコンでタイマーを使う方法

ストップウォッチの使い方はこの動画「パソコンでストップウォッチを使う方法

  

エクセル(Excel)を使ってみましょう

エクセル(Excel)は表計算ソフトと呼ばれます。名前のとおり、表を作ってその情報からグラフを作ったり、自動的に計算を行ってくれる便利なソフトです。10+20+30+40+50+60+・・・と、どんなに数が多くなっても計算がすぐに終わるので使いこなせるようになるととても便利です。

自分で電卓を使い計算をするよりも早く、確実に出来るのもエクセルで計算をするメリットです。

家計簿を作る

エクセルソフトを使っていく上でおすすめなのが家計簿を作ってみることです。計算を自動的に行うこともできるエクセルは家計簿の作成にもぴったり。また、毎月使ったお金の合計や何に多くお金を使っているのかなど「これがひと目で分かったら便利なのに」と思うことが多くありますね。そんな要望もエクセルなら叶えることができます。

少し難しそうに感じるかもしれませんが、まずはエクセルで簡単な家計簿を作るところから始めますので不慣れな方でも大丈夫!少しずつ慣れていきましょう。

動画で学ぶ

  

  

上記の3つの動画でベースとなる家計簿が出来上がったかと思います。次の動画はエクセルの強みでもある自動的な計算のやり方をご紹介します。まずは足し算の仕方を。エクセルで足し算をしてくれるSUM(サム)関数について学びましょう。

自動計算について、更にくわしく知りたい人は「Office Excel(基本編)計算の基本・足す・引く・かける・割る」も読んでみてください。

  

ワード(Word)ソフトを使ってみましょう

Word(ワード)とは文章を作るためのソフトです。案内や台本などの書類を作るのに適しています。使いこなせるようになるとイラストの入ったきれいなプリントや名刺を作ることもできるようになりますよ。

案内状を作る

ここではワードを使って案内状を作る方法をご紹介します。全ての書類を作る基本操作ばかりですので皆さんぜひ見てみてくださいね。

   

  

ワードを使うと綺麗で見やすい書類が簡単に作れます。行間やちょっとした配置の違いで見違えるように読みやすくなりますので、工夫してみてくださいね。

  

年賀状作成ソフト

パソコンを使ってやりたいことの上位に入ってくる年賀状作成。パソコンを使って自分で作成すれば宛先を手書きする時間がぐんと短くなりますし、追加で必要になったという時にもすぐに印刷できます。もちろん、好きなデザインで作ることが出来ますので、写真を大きく見せるなど個性豊かな年賀状が作れます。

このレッスンサイトでは「筆まめ」ソフトを使った年賀状作成の方法をご紹介しています。

年賀状の作り方について、他の動画も見たい方は「年賀状作成ソフトのレッスン一覧」をご覧ください。

   

実際に日常生活の中でパソコンを使える場面をご紹介しました。苦手意識をもたずに気軽に使ってみることが上達への第一歩です!パソコンのある暮らしを楽しんでくださいね

関連記事

  1. 小中学生にも分かりやすいパソコンレッスン

  2. お子さんが安心してパソコンを使うために

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す