Office Excel(関数編)IF関数②アンケートの集計方法

IF関数のご紹介の2回目です。

アンケート結果を集計する表を例にして、IF関数がどんなことに使えるかをご紹介します。

特定の文字列が入力されているかどうかを条件にして、もし入力されていたら「1」を、違うときは「0」を表示させて、それを合計することで得票数を計算していきます。

動画で確認する

IF関数の使い方

  1. 好きな果物のアンケート表を使って、それぞれの果物に何票入ったのかIF関数を使って計算をします。
  2. 「C2」セルを選択した状態で「関数の挿入」をクリックします。
  3. 「関数の検索」に「IF」と入力します。
  4. 「関数名」の欄から「IF」を選択します。
  5. 「関数の引数」ウインドウが表示されます。
  6. 「論理式」の欄に文字カーソルがある事を確認して「B2」をクリックします。
  7. つづいて「=”りんご”」と入力します。
  8. 「値が真の場合」に「1」を「値が偽の場合」に「0」を入力して「OK」をクリックします。
  9. セルの右下の四角にカーソル合わせて下までドラッグします。
  10. りんご以外のセルには「0」が表示されます。
  11. その他の果物を集計する際には「B2=”みかん”」「B2=”すいか”」など条件式を書き換えます。
  12. 最後にオートSUMでそれぞれの合計値を求めれば完成です。
関数は半角英数で入力しなければいけないので、文字を使いたい場合は前後を「””」(ダブルクォーテーションマーク)で囲む必要があります。
「””」も半角で入力しなければいけないので、全角で入力してしまわないように注意しましょう。

関連記事

  1. Office Excel(基本編) オートフィルで数値が連続するときしないとき

  2. Office Excel(テーブル編)フィルターでデータの並べ替えと絞り込み

  3. Office Word(応用編)すべてのルビを一括で設定する方法

  4. Office Excel(関数編) PRODUCT関数

  5. Office Word(応用編)名刺を作ってみよう・その3

  6. Office Excel(基本編)計算の基本・足す・引く・かける・割る

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す