Office Excel(関数編)SUMIF関数

今回はSUMIF関数をご紹介します。

数値の合計を求めるSUM関数の仲間で、範囲内にある検索条件にあったセルを合計してくれる関数です。

野菜と果物の売上額の表を使って、SUMIF関数について解説していきます。

動画で確認する

SUMIF関数の使い方

  1. 合計を表示したいセルを選択します。
  2. 「関数の挿入」ボタンをクリックします。
  3. 「関数の挿入」ダイアログが表示されます。
  4. 「関数の検索」に「SUMIF」と入力して「検索開始」をクリックします。
  5. 「関数名」の中から「SUMIF」を選択して「OK」をクリックします。
  6. SUMIF関数の引数を設定するダイアログが表示されます。
  7. 「範囲」の欄にカーソルがある事を確認し、「分類」の欄を上から下までドラッグして選択します。
  8. つづいて「検索条件」欄にカーソルを移動させます。
  9. この欄には「”野菜”」と入力します。
  10. 最後に「合計範囲」にカーソルを移動させます。
  11. 「金額」の欄を上から下までドラッグします。
  12. 最後に「OK」ボタンをクリックします。
「検索条件」の欄に文字を入力する代わりに
条件が記入されているセルをクリックするという方法でも、検索条件を指定する事が出来ます。
この方法であれば、式を書き換えなくても
セルを書き換えるだけで、検索条件を変更出来るようになります。