Office Excel(関数編)HLOOKUP関数

今回は、以前紹介した「VLOOKUP関数」と似ている「HLOOKUP関数」を紹介します。

VLOOKUP関数との違いを紹介しながら説明していきますので、VLOOKUP関数が分からない方は、以前の動画をご覧ください。

動画で確認する

VLOOKUPとHLOOKUPの使い方を比較しよう

  1. VLOOKUPの「V」は「Vertical」(垂直)という意味で、HLOOKUPの「H」は「Horizontal」(水平)という意味を持っています。
  2. 検索するデータが縦方向に並んでいる時は「VLOOKUP」、横方向に並んでいる時は「HLOOKUP」を使用しましょう。
  3. 「関数の挿入」から「HLOOKUP」を開きます。
  4. 「検索値」に売上管理表のコードである「B3」を入力します。
  5. 「範囲」には商品一覧の「H12:L14」を入力します。
  6. 「範囲」は値が変動しないように、F4キーを押して「絶対参照」にしましょう。
  7. 「行番号」には表からとりだしたい値が、上から何行目にあるのかを記入します。
    今回は「商品名」がある「2」行目を指定します。
  8. 4行目の検索方法は、一致する値のみを検索する「FALSE」を記入します。
  9. つづいて「単価」にHLOOKUP関数を適用します。
  10. 「検索値」と「範囲」には商品名と同じ値を設定します。
  11. 「行番号」には「単価」がある「3」行目を指定します。
  12. 「検索方法」は同じく「FALSE」を設定しましょう。
検索するデータが縦方向に並んでいる時には「VLOOKUP」
横方向に並んでいる時には、今回紹介した「HLOOKUP」が使用出来ます。
名前の意味を知っていれば、迷う事なく使いこなせす事が出来るので
それぞれの名前の意味もあわせて覚えておきたいですね。

関連記事

  1. Office Excel(基本編)絶対参照

  2. Office Word(基本編)文字列の折り返しの使い方・その1

  3. Office Word(基本編)案内状の作り方・その3

  4. Office Word(応用編)名刺を作ってみよう・その4

  5. Office Excel(ピボットテーブル編)行と列・データの抽出

  6. Office Excel(テーブル編)スライサーでフィルター処理をもっと便利に

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す