スキルアップに役立つ!パソコンに関する資格

パソコンの勉強をしたい、上達したいと思った時に一体何を勉強すれば良いのか分からないと悩んでしまったことはありませんか?勉強をしようにも目標がないと頑張ることも難しいものです。

そこで、パソコンに関する資格取得を目標としてみるのはいかがでしょうか?資格取得は就職や転職活動に役立つのはもちろん、仕事以外でもその知識が役だつチャンスはたくさんあります。自分が興味のあるものをぜひ見つけてくださいね。

Microsoft Officeソフトのスキルが上がるMOS

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)とは、ExcelやWordなどのMicrosoft Officeソフトを幅広く扱うスキルがあることを証明する資格です。パソコンに関する資格の中で最も知名度の高い資格で、取得していると事務職などへの転職の際にも大きな強みになります。

MOS取得のメリット

MOSを取得するメリットは転職の際に有利になるだけではありません。ExcelやWordが使えるという漠然としたスキルを客観的に証明されることは自分にとっても大きな自信に繋がります。

MOSの試験は実際のソフトを操作する実技試験なので、試験勉強を進めることで自然と実践力も身についていきます。仕事の効率化にも図れるようになります。

MOSの種類

MOSはソフトごとに資格があり、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの計5つのソフトの試験があります。中でも WordとExcelは「一般レベル」「上級レベル(エキスパート)」とに難易度が分けられているので、自分のレベルに合った方を受験しましょう。

一般レベルと上級レベルの難易度

WordとExcelにある一般レベルと上級レベルについて、どれくらいの難易度なのかをご紹介します。(MOS公式サイトより引用)

試験科目一般レベル上級レベル(エキスパート)
Word文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している方スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解している方
Excel数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方

一般レベルは基本的な操作方法などが出題されるので初心者の方でも合格を目指しやすい難易度かと思います。エキスパートはより効率的にWordやExcelを使いこなしたいという方におすすめです。

MOSについて、試験日などを詳しく知りたい方は公式サイトをご確認ください。

よりビジネス向け 日商PC検定

日商PC検定は、Word、Excel等のソフトの操作知識だけでなくITの知識やビジネスのスキルなど、多角的な知識を求められる資格です。

ソフトの操作に関する知識を問われるMOSよりも更にビジネスシーンでの実践をイメージしたものと言えます。こちらも知名度が高く、就職や転職に有利な資格と言えますが、難易度は高くなってくるので「パソコン初心者だけど上達したい!」という方はMOS取得を目指すのがおすすめです。

既に業務でExcelやWordを日常的に使用しており、更なるスキルアップを目指したいという方は日商PC検定がおすすめです。

試験の種類

日商PC検定は「文書作成(Word)」「データ活用(Excel)」「プレゼン資料作成(PowerPoint)」の3種類があり、それぞれにベーシック3級2級1級の難易度に分かれています。

それぞれの難易度

ベーシック、3級、2級、1級の難易度について、どれくらいの難易度なのかをご紹介します。(日商PC公式サイトより引用)

合格レベル
1級企業実務に必要とされる実践的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、ネット社会のビジネススタイルを踏まえ、企業責任者(企業責任者を補佐する者)として、経営判断や意思決定を行う(助言する)過程で利活用することができる。
2級企業実務に必要とされる実践的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、部門責任者(部門責任者を補佐する者)として、業務の効率・円滑化、業績向上を図るうえで利活用することができる。
3級企業実務に必要とされる基本的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、自己の業務に利活用することができる。
ベーシック基本的なワープロソフトや表計算ソフトの操作スキルを有し、企業実務に対応することができる。

日商PC検定について、試験日などを詳しく知りたい方は公式サイトをご確認ください。

IT全般の知識を増やしたいのなら ITパスポート

パソコンに関する資格で有名なものとしてITパスポートがあります。ITパスポートはITの基本的な知識を身に着けていることを証明する資格で、パソコンの操作方法だけにとどまらず経営管理やマネジメントの知識・サーバーやシステムに関する知識など広く出題される国家資格です。

実技はなく学科のみの試験なので、パソコンのスキルアップに直結とはなりにくいかもしれませんが、IT化の進んでいく現代において必要な知識を身に着けるにはぴったりの資格です。

ITパスポートについて、試験日などを詳しく知りたい方は公式サイトをご確認ください。

Officeソフト関連の資格取得を目指したい方へ

JEMTCでは、Microsoft Officeソフトが予め搭載されているパソコンの長期レンタルを行っております。挑戦してみたいけれど家のパソコンにOfficeソフトが入っていないという方、自分専用のパソコンで資格取得への勉強に挑戦してみたいという方など、ぜひご確認ください。

JEMTCの長期レンタルサイトを確認する

関連記事

  1. その文書、読みにくくないでしょうか?Wordで読みやすい文書を作るポイント

  2. 【初めてでも安心】Youtubeとは?基本編

  3. 不安を煽る警告文にご注意ください!

  4. ファイルやフォルダを共有する

  5. Youtubeの使い方【便利な使い方】

  6. 初心者がパソコンを得意になる方法

  7. メールを便利に使いこなす

  8. 欲しい情報が見つかる検索のコツ【基本から応用まで】

  9. エクセル、ワード、パワーポイントの基本

Microsoft Officeソフト

WPS Officeソフト

カテゴリーから探す